AX

年金システム 国民年金 義務

そうだ、厚生年金保険を勉強しよう!


スポンサードリンク



学資保険・積立保険の資料請求はCMでもお馴染みの「保険の窓口♪」

教育費の中でも、特に大学進学時は数百万円単位の大きなお金が必要になります。
払い込んだ保険料に対し、受け取れる満期保険金の割合のことを「返礼率」といい、
この返礼率が大きければ大きいほど、よりお金が増える良い学資保険ということが出来ます。

学資保険の資料請求はこちらから(無料)

「毎月貯金をしたい」「将来の不安に備えて今から資金準備をしておきたい」方には
積立保険が最適です。

積立保険の資料請求はこちらから(無料)

年金システム|国民年金の義務(加入と支払い)

国民年金 加入 義務

日本の年金システムは、大きく分けて2種類きなります。

 

スポンサードリンク

 

ひとつは国民年金です。
国民年金は、日本国籍がある国民であれば、
全員に加入義務があり、支払い義務がある年金です。

 

 

システムとすれば、
その時の労働者が納めた年金を、
その時の年金受給者が受給するという形になります。

 

 

ですので、少子高齢化が進む日本とすれば、
年々労働者ひとりひとりへの負担は大きくなります。

 

年金システム 国民年金 義務

 

労働者である若者が減る一方で、
年金受給者である高齢者は増え続けているからです。

 

年金システム 国民年金 義務

 

国民年金はとくに、日本の公的年金で、
破綻しやすいシステムになっていると言われています。

 

 

厚生年金保険のシステムとは?、誰のためのどんなメリットがある制度かを解説

 

 

ふたつめの公的年金は、厚生年金です。
厚生年金も国民年金と同じようなシステムです。

 

厚生年金 システム

 

厚生年金の場合は公務員が納税した年金は、
公務員退職者が、会社員が納めた厚生年金は、
その会社の退職者に支払いがなされます。

 

厚生年金 システム

 

年金の出所から受給者まではっきりしているので、
年金としては安心して納税もできるし、
受給もできると言われています。

 

 

【年金の受給年齢(いつからもらえるの?)】定年を迎えた、60歳からです。

 

 

厚生年金はいつからもらえるのかといえば、
60歳からです。

 

 

国民年金の場合はいつからもらえるのかというと、
こちらも60歳からです。

 

年金 受給年齢  60歳

 

ようは年金はいつからもらえるのかというと、
定年を迎えた年齢からということになります。

 

 

年金の受給年齢自体も引き上げがされる。
と言われています。

 

今後どうなるのかはまだわかりませんが、
今のところは、公的年金の受給可能年齢は、
60歳と定められています。

 

 

年金受給開始年齢の引き上げが現実になりそうな予感?!

 

 

ここで、おすすめされるのが、
年金受給開始年齢の引き延ばしです。

 

年金受給開始年齢

 

公的年金は厚生年金でも国民年金でも、受け取り年齢の、
引き延ばしをすることで、受給時に、
より増額された金額が年金として支給されるのです。

 

 

年金は国庫としてはすでに底をついていて、
労働者が納税したものが、
そのまま受給者に流れている形になります。

 

 

対処法としまして、国家としても年金受給開始年齢を
引き延ばしてもらえるように誘致を促し、
援助も積極的です。

 

年金受給開始年齢

 

受給開始を遅らせるのであれば、
伸ばせば延ばすほど増額される金額も高くなります。

 

 

公的年金の場合、
加入者が亡くなってしまいますと、
年金の支給はストップされます。

 

 

ゆえに、引き延ばしをすると損をするのではないか?
という考えもあるようです。

 

 

同時に日本の平均寿命は伸び続けているのです。

 

 

ですので、特定の疾患があり長生きできる保証がない。
というひとでなければ、
ぜひ受給の引き延ばしをすることをおすすめします。

 

 

いつからもらえるのかと言われれば定年した際です。

 

年金受給開始年齢

 

その後も、しばらくは貯蓄や新しく仕事を見つけて
働くなどで生活が可能なのであれば、引き延ばし、
増額した金額を受け取るほうがお得なのです。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。


スポンサードリンク

 

タグ :   

厚生年金 受給

この記事に関連する記事一覧

「会計業務」「確定申告」にかかる時間を 約5分の1に短縮

保険の便利な「一括お見積り」「一括資料請求」のサイトをご紹介します

インズウェブの火災保険一括見積もり

最短3分で最大10社の火災保険の見積もりを取ることができる

火災保険の見積もりを1度の情報入力で複数社から取ることができるサービスです。

火災保険には主に建物】【家財】2つの補償内容があります。

建物は文字通り建物に対する補償家財は家具や洋服などの動産に対しての補償です。火災保険の補償は次の5つに分類されます。
①火災(火災、落雷、破裂・爆発)
②風災(風災、雹災、雪災)
③水災(台風、洪水、土砂崩れ)
④日常災害(盗難、水濡れ、建物外部からの物体の衝突)
⑤その他(偶発的な事故による破損・汚損)
この補償内容をそれぞれ手厚くすればする程、保険料は高くなります。

逆に、マンションの3階だから水災補償はいらない、
などと保障内容の取捨選択をすることで、保険料金を安くすることもできます。各社の見積もり内容を見比べながら
自分に合った補償内容の保険を探し出し加入する為の非常に便利なサービスだと思います。

このようなお悩みを持った方におすすめです サービスの特徴
火災保険の新規加入者・加入している火災保険を見直したい方 最短3分で最大10社の火災保険の見積もりを取ることができる

「保険スクエアbang!」の自動車保険一括見積もり

最短3分で複数の自動車保険の見積もりを取ることができる

保険スクエアbang!(バング)は、必要な情報を入力して見積もりを依頼することで、様々な保険会社の見積もり結果をメールや郵送でまとめて受け取れるサービスです。自動車保険の新規加入を検討している方や、現在加入している自動車保険の見直しをしたい方など、日々の生活が、忙しくて自動車保険を調べて検討する時間がない方に、大変便利なサービスです。テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が多数参加していたり、たった一度の入力で、複数の保険会社に見積もり依頼をして比較することができます。

このようなお悩みを持った方におすすめです サービスの特徴
自動車保険の新規加入者・加入している自動車保険を見直したい方 最短3分で複数の自動車保険の見積もりを取ることができる

インズウェブのバイク保険一括見積もり

最大5社・最短5分で複数のバイク保険の見積もりを取ることができる

バイクに関する保険は、自賠責保険(自賠責共済)と任意保険の2種類があります。
通称のバイク保険とは、バイク(二輪自動車)の為に加入する任意保険のことで、強制的に加入が義務付けられている自賠責保険だけでは補償しきれない部分をカバーする役割を担っています。この一括見積サービスは「任意保険」に関するお見積依頼となります。バイク保険の一括見積サービスを利用するのはもちろん「無料」です。さらに今ならインターネットから申し込むと、インターネット割引が適用され、さらに安くなるそうです。

このようなお悩みを持った方におすすめです サービスの特徴
バイク保険の新規加入者・加入しているバイク保険を見直したい方 最大5社・最短5分で複数のバイク保険の見積もりを取ることができる

「i保険」様々なジャンルの保険の一括資料請求

様々な保険ジャンルの資料請求が行える

個人年金や生命保険・医療保険・がん保険・学資保険・引受基準緩和型保険など様々な保険から、ご自身が興味のある保険や保険会社を選んで、保険資料を請求できる、一括の「資料請求」サービスです。「生命保険を徹底比較」というバナーの「保険料検索」というボタンをクリックすると資料請求ができるページに飛びます。ココでは各保険会社の保険料を一括で表示してくれているので、大変便利です。

個人年金 おすすめ

このようなお悩みを持った方におすすめです サービスの特徴
とにかく色んな種類の保険の「資料請求」や保険料の比較をしたい方 様々な保険ジャンルの資料請求が行える